大阪、京都、兵庫で気軽に相談弁護士情報。

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!

交通事故の慰謝料

被害者と加害者が弁護士に相談する交通事故の慰謝料
交通事故が発生すると被害者と加害者に分かれます。

これらの両方が慰謝料で頭を抱える事があります。被害者はもっと請求できるのではないかという事で悩み、加害者はあまりにも高額すぎるという事で頭を抱える事も時にはある様ですね。

交通事故の慰謝料については被害者と加害者の両方が、弁護士に相談する事ができます。弁護士に相談すると、相手側と交渉してくれたり、もしくは裁判になった時にも助けてくれたりします。

なぜその様な金額になるのか、とても納得できないと思った時には、迷わず助けを求めたいですね。当事者だけでは難しくても、第三者がいてくれると何かと解決しやすいケースもある様です。

交通事故慰謝料では金額がポイント

交通事故で相手に求めるのは交通事故慰謝料です。交通事故に遭遇したら謝罪などよりも金額で誠意を見せてもらいたいのが本音です。このような時は、弁護士基準で慰謝料を請求してください。

弁護士基準は交通事故において、裁判所などの事例を元に算出してくれますので提示金額よりも高く請求することが可能です。弁護士は示談交渉などを代理で行ってくれますし。一般の方が相手と直接示談交渉をしたとしても、相手方は聞く耳を持たないことが多く、慰謝料を増額するには弁護士の力が必要不可欠です。提示されている金額が適正かなどのチェックもしてくれます。

計算方法が複数ある交通事故慰謝料

交通事故に遭遇した時に一番重要なのが交通事故慰謝料です。慰謝料の金額次第では、適正な治療を受けられなかったり、修理をすることが出来ない場合などもあります。重要な慰謝料の計算方法は3つあり、任意保険基準と自賠責保険基準、弁護士基準となっています。

1番安いのが自賠責保険基準で、1番高いのが弁護士基準となっています。弁護士は過去の事例などを参考にして慰謝料を計算することが出来るので、他の基準よりも高くなっています。提示される金額に納得できない場合は、弁護士に交通事故相談をおこないましょう。弁護士基準の慰謝料を計算してもらうことができます。

弁護士への相談で交通事故慰謝料の金額アップ

交通事故に遭遇したら交通事故慰謝料をもらうために相手と示談交渉をしていきます。示談交渉をするのは保険会社が相手で、提示してくる金額がとても低いことが多いです。その場合には、弁護士に交通事故相談を行い、過去の事例などを元に慰謝料を計算してもらいましょう。

最初に提示された金額よりも高い金額で慰謝料を請求することが出来ます。弁護士が相手の場合には、保険会社も要求を受け入れやすいので、とても頼りになりますので、交通事故で困った場合には弁護士に相談をしてください。現在の金額が適正かどうかもチェックしてくれます。

交通事故慰謝料を請求する際のポイント

交通事故に巻き込まれた場合相手に交通事故慰謝料を要求することが可能です。交通事故に遭った時には、謝罪などよりも、金額でしっかりと保証してほしいというのが本音です。その場合には弁護士に相談をし、弁護士基準での慰謝料を算出してもらいましょう。

過去の事例などを元に算出する弁護士基準では、提示されている金額よりも高くすることが出来ます。示談交渉なども代わりに行ってくれるので、弁護士はとても便利です。現状提示されている金額が高いかどうかもチェックしてもらうことが出来るので、事故に巻き込まれた場合すぐに弁護士に相談をしてください。

交通事故の慰謝料関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について