大阪、京都、兵庫で気軽に相談弁護士情報。

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!

目次

脊髄損傷や後遺障害の交通事故の慰謝料

交通事故による脊髄損傷による後遺障害や一般の交通事故による後遺障害というのは慰謝料においてどのように査定されるのだろうか?

今後、改善する後遺障害とそうでない後遺障害とあると思うが、それらの違いで交通事故の慰謝料、治療費は変わってくるのだろうか?そして、請求する金額や内容は変わるのだろうか?素人には全くわからない。

任意保険の保険会社に相談してもきっと保険会社に有利な話をするだろう。被害者である本人とって一番いい方法はなんなんだろう。そんなことを考えるだけでも気分が重くなる。

交通事故の被害者とはそんなものなのかもしれません。

交通事故慰謝料を弁護士に相談について。

脊髄損傷による交通事故の慰謝料について

交通事故による脊髄損傷についてはリハビリをしてもある程度以上は改善しないということもあります。そのため、その後の生活を考えた施策、リフォーム工事など必要になります。

交通事故で脊髄損傷になった場合にはそのリフォーム費用も請求する必要があります。どの程度のリフォーム工事までするのか?どこまで慰謝料として請求できるのか?というのは当事者にもわかりません。

交通事故弁護士ならこれらの正しいアドバイスをしてくれるはずです。脊髄損傷による交通事故の慰謝料についてどうなんだろう?と思ったらまずは交通事故弁護士に相談しましょう。

事例によって異なる交通事故慰謝料について。

交通事故の慰謝料は弁護士基準で増額

交通事故の慰謝料には自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準というのがあります。交通事故のプロの交通事故弁護士に依頼すると弁護士基準と言われるものになります。

交通事故の慰謝料は安いほうから言うと、自賠責基準、任意保険基準、そして弁護士基準となり、弁護士基準が一番高いのです。

つまり、任意保険基準で一般的には交通事故慰謝料は支払われますが、交通事故弁護士が介在することで裁判での事例に照らし合わせた金額に増額されるのです。

交通事故慰謝料の増額を考えるなら交通事故慰謝料が弁護士基準となるようにすることが必要です。

弁護士基準での交通事故慰謝料について

交通事故によるむちうちの慰謝料の相談は交通事故弁護士へ

交通事故によってむちうちになることはあります。それによって病院への入院や通院を余儀なくされることもあります。むちうちというのは一見その程度がわかりづらいもので、それに伴い治療にかかる期間もわかりにくくなります。

そのため、むちうちによる慰謝料、治療費というのも事故当初は査定しづらいというのが現状です。また、むちうちの治療も本当に必要なものなのか?そして、そのむちうちには後遺障害は伴わないのか?などを考えて交通事故の慰謝料を決める必要があります。

そのため、交通事故弁護士に相談することは非常に有益です。相手により正確に、実情を説明するためにも交通事故弁護士に依頼しましょう。

交通事故の慰謝料関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について