大阪、京都、兵庫で気軽に相談弁護士情報。

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!

弁護士を利用し債務整理をしましょう

債務整理をする場合は、弁護士を利用することで、借金の減額が出来ます。借金を減額する具体的方法として、良く採用されているのが任意整理です。直接借り手と借主側が裁判所を通さずに交渉を行います。

交渉内容はたくさんあり、借入れ先を1本化し、利息制限法に基づき利息を返してもらい元本返済をしたり、具体的な返済プランを示すことで金利を低くしたり、返済猶予を延ばしたりしながら交渉を行い、借金の減額をしていきます。自己破産と違い裁判所が関与しないので、私生活でペナルティーを与えられるがなく、多くの人が任意整理で借金から解放されています。

債務整理をすることで借金問題を解決できます

弁護士を利用し債務整理をすることで、借金の減額が期待できます。借金を減額する方法で良く採用されるのが任意整理で、裁判所を通さずに直接借り手と借主側が交渉を行います。

交渉内容は多岐に渡り、借入れ先を1本化し、具体的な返済プランを示すことで金利を低くしたり、返済猶予を延ばしたり、利息制限法に基づき利息を返してもらい元本返済をしたり様々な交渉を行いながら借金の減額を目指していきます。裁判所が関わっていない為、自己破産と違い私生活でペナルティーを与えられることもないので、気軽に手続きを進めることが出来ます。

大阪で自己破産の処理をお願いするなら「自己破産大阪」で検索。

債務整理と任意整理としていいこと

債務整理といってもいくつか種類があり、その中の一つが任意整理と呼ばれるものです。こちらは一番入門と呼ばれている手続きでデメリットもそこまで多くありません。特に多重債務をかかえる人にとってはとても効果のある手続きとも言われており、自己破産をするほどではないけれど、もう自分の力だけでは借金の返済を続けていくことが難しいという人が行う手続きです。

なにがメリットとして挙げられるのかといいますと、なんといってもやはり借金の毎月の返済額を自分がきちんと返済できる金額にすることができるという点でしょうか。生活もできて、かつ返済も滞りなくできる金額で交渉してもらいます。

債務整理、任意整理をするとできなくなること

債務整理の一つである任意整理ですがこちらの手続きを行うことによってどういった障害が出てきてしまうのでしょうか?やはり今現在借金で悩んでいるといえどどういったことが自分にとって起きてしまうのかを知ってから手続きを始めることも大切です。

まず大きな所で行くとクレジットカードの作成ができなくなります。現在使用しているものも、更新の年になった時に審査が入り、使用できなくなる可能性が非常に高いです。またこちらと同じなのですが新たな借り入れができなくなります。信用が第一でできる分割払いも不可能になります。しかしどれも大きな買い物をする時に必要になるものですので、そこまで生活に支障は出ません。

債務整理関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について