大阪、京都、兵庫で気軽に相談弁護士情報。

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!

目次

思い立った時に過払いの手続きを

どの様なタイミングで過払いの手続きを行うべきかという事について、悩んでいる人もいるかもしれませんね。過払いの手続きについては、思い立った時に行う事がおすすめします。

その理由についてですが、過払いの手続きは遅くなると取り戻せない可能性が高くなるからです。過払いの手続きを行う消費者金融が倒産してしまうという可能性は完全に否定する事はできません。

また、時効が過ぎてしまったために過払いの手続きができなくなってしまうケースは多いかと思います。ですので、遅くなりすぎない様に注意したいですね。これまでに消費者金融から借り入れを行っている人は、過去の借入を見直してみるのもいいでしょう。

弁護士の契約は過払い請求だと高い

報酬を支払う場合、過払い請求によって変わってきます。既に完済している場合は、着手金無料で行ってくれるところが多く、受け取っている過払い金から割合で報酬を取られるようになります。

支払い途中の場合は着手金が必要となりますので、負担が大きくなるものと考えてください。この報酬について、弁護士は高い傾向がありますので、思っていた以上に取られてしまい、かなりの過払い金が失われることもあります。司法書士の方が、多少安く設定していることが多いので、金額が安いようなら司法書士も狙えます。高額な場合は弁護士以外の選択肢がありません。

弁護士に過払い請求手続きを依頼する利点

過払い請求の手続きは、長い期間に渡って借金の返済を続けてきた方に特に必須となる事柄でもあります。利息として支払ってきた金額には支払い過ぎているお金も含まれているケースが多く、手続きを完了させれば取り戻すことができます。

請求先となる金融会社は、弁護士を通じての請求手続きが始まった時点で債務に関する返済要求や督促を行う事が禁止となっているため、頻繁に悩まされていた連絡や督促が来ることも無くなります。

法律に基づいた上での速やかな手続きによって、借金問題自体の解決にも繋がるため、なるべく早く対応することを検討したいものです。

一般的な過払い請求の手順

過払い請求で債務整理をするときには、まず取引履歴を請求することが必要です。貸金業者に対して請求すれば開示してくれますから、先ずこれを行うことが必要となります。

そして、次に金利が適正なのかどうかを判断することが必要となってきます。利息制限法の上限金利で計算をし、それを超えていれば過払い金が発生していることになるのです。過払い金が発生していれば返還請求をします。

このときには和解案を提示される事が多いですから、和解することも視野に入れておきましょう。過払い請求で債務整理をするには、大まかにはこのような手順になっています。

過払い請求関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について