気軽に相談弁護士情報。

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!

示談交渉で提示された交通事故慰謝料を弁護士に相談

交通事故慰謝料は、事故で負った精神面のダメージに対して支払ってもらう賠償金です。精神面の苦痛ですから、個人差があり同じような事故なのに金額が全然違うと不公平感をもたらさないように計算基準が決められて定額化が量られています。

この基準はひとつではなく、どの基準を使うかによって慰謝料の金額が変わるので注意が必要です。慰謝料の額を決める示談交渉は被害者対加害者の保険会社で行われますが、この交渉で保険会社が提示する慰謝料の金額は一番安い自賠責基準で計算されている可能性があるからです。

提示された金額を見極めるのには知識が必要なので、交通事故慰謝料問題が得意な弁護士に相談するのが最善です。

交通事故慰謝料は何か

交通事故慰謝料は入会している保険や事故の事例により大きく相場が変わります。よく事故のさいに起こしやすいむち打ちも、衝撃の度合いでダメージは人により異なるので、それによっても金額は左右されます。

ただし、「自賠責保険」「任意保険」「裁判所」の三つが大まかな基準となり、金額が制定されます。自賠責保険基準では事故を起こした際の補償は薄く、事故に遭った際も慰謝料は少額になる場合が多いので任意保険は入っておくことが勧められます。

裁判所基準は任意保険が提示する金額に納得がいかず交通事故弁護士に頼った際の金額となり、この金額の慰謝料を請求する理由を示す必要があります。

交通事故慰謝料の事例・相場について

交通事故慰謝料というものは、種類とそれに応じた計算方法があります。本来は個別のケースごとに慰謝料の相場を計算すべきでありますが、交通事故においてはこれまでの事例をもとに、画一的な相場が形成されています。

必ずしも被害者の精神的な苦痛などを勘案して金額換算がされるわけではありません。例えば怪我の具合は入院・通院の治療による入院慰謝料というものがあり、その期間によって金額を計算するなどです。もしも相場に基づいた慰謝料額が不当であると感じた場合は、交通事故弁護士に依頼して裁判を起こす必要が出てきます。その事故のケースに見合った慰謝料額を認められる場合があります。

交通事故慰謝料が増額するケース

気を付けて運転していても、時に起こってしまうのが交通事故です。双方の過失度合いによって交通事故慰謝料は変動しますが、提示された金額より上がる可能性があるかもしれません。まず、その金額がどの基準で算出されたものかということに注意が必要です。

交通事故慰謝料の計算方法は大きく分けて3種類あり、強制保険である自賠責基準、各々が加入している任意保険基準、過去の事例を反映して計算するのが弁護士基準と、後にあげたものの方が、金額が高くなる傾向にあります。もし交通事故弁護士を通していないのであれば、増額する可能性が高いといえます。

交通事故慰謝料の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故の慰謝料関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について