気軽に相談弁護士情報。

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!

交通事故が起こらないように

路上駐車と交通事故
駐車場が近くにない場合などは、道に車を駐車している人も多いかと思います。

しかし、これは他の車の通行の邪魔になってしまう事もあり、視界が悪くなってしまったり、その車を避けるために車線を変更するなどという事も必要になってきます。その際に交通事故が発生する事もあります。

また、路上駐車をしている車に追突するという交通事故なども考えられます。
自分達が事故に遭わないためにも、そして周囲の人達のためにも避ける様にしたいですね。

駐車場まで遠かったり、お金がかかったりといろいろ事情があるかと思いますが、路上駐車をすると交通事故が起きる可能性も考えられます。

とても危険な事ですので、改める様にしたいですね。

弁護士基準での交通事故慰謝料について

弁護士基準の交通事故慰謝料においては、慰謝料の中でも最も高い基準であることが特徴としてあげられます。交通事故に遭ってしまった場合においては、多かれ少なかれ被害に遭っていることがあげられるでしょう。

そのような際において、しっかりと交通事故慰謝料を受け取ることが大切になるでしょう。交通事故の慰謝料については、3つの基準として定められていて、その基準において慰謝料の計算がされますので、金額が大きく異なってくることがあげられます。正当な基準である弁護士基準での慰謝料受け取りを目指すのであれば、弁護士に依頼をおこなうことで可能性が高くなるでしょう。

事例によって発生する交通事故慰謝料

交通事故に遭遇した場合、交通事故慰謝料を請求されるトラブルに発展する事例もあります。被害者の怪我の程度や、事故の状況によっても異なり、弁護士への相談が進められるなど、法律に基づいた対処方法を探し出すことも重要です。通常、加害者との間には保険会社の担当スタッフが介入し、慰謝料請求などに関する条件交渉が進められます。

しかし、なかなかスムーズな話し合いが行われない場合や、提示された条件内容に判断ができない場合など、第三者による正しい知識やアドバイスが必要とされることもあり、速やかな問題解決のために対処したいものです。

交通事故慰謝料の金額決定の材料にもなる過去の事例

交通事故に遭遇して、家族が巻きこまれた、障害を負ってしまった、など自分が被害者になってしまった場合、交通事故慰謝料を請求することができ、当然必要になります。そのときに、加害者側の自賠責もしくは任意保険会社が提示する賠償金、慰謝料の金額に納得できない場合は、弁護士に依頼するのが良いでしょう。

弁護士は、訴訟だけではなく和解交渉や示談などの柔和な方法で解決させる場合もあります。この交通事故慰謝料問題を判断する材料となるのが、過去に起こった事故の事例です。今回起きてしまった事故の状況を詳しく整理し、過去の事例と照らし合わせることで、どれくらいの金額が妥当なのか、といった情報を得ることができます。

交通事故慰謝料の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

交通事故の慰謝料関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について