気軽に相談弁護士情報。

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!

自己破産を回避のために法律相談を

可能であれば、自己破産は避けられるに越した事はありません。やはり一度でも自己破産を行ってしまうと、その後の生活が大変だと感じられる事も少なくないと思います。

法律相談をすると、自己破産を避けられないのではないかと恐れてしまって、自己破産をするのが遅れたり、または自己破産ではない解決策が選択できなくなってしまったりするケースもあります。

ですので、この手段だけは避けたいと思っている人こそ、早期に法律相談を受ける事をおすすめします。債務整理イコール破産ではなく、法律家が判断して問題はさほど大きくなければ、別の解決策で済ませられる場合もあるかもしれません。ためらっている時間はありませんので、早速アクションに移したいですね。

多重債務者の自己破産を弁護士にお願いする

多重債務者の自己破産を弁護士にお願いする事は、多くの債務者がおこなっていることであります。万が一、費用などが心配なようであれば、費用の分割に応じてくれる法律事務所や、法テラスなどを利用することで解決することができるでしょう。

しかしながら、自己破産については、今後の人生においても大きく作用してきますので、しっかりとリスクを聞いた上でおこなうべきでしょう。また、破産をするにあたって、連帯保証人などの人がいれば、その人にも迷惑がかかりますので、その人にはきちんと借金の状況やめどを話すようにしましょう。

弁護士の活動次第で自己破産は変わる

期間が変わってしまえば、借金で悩んでいる期間が変わっていくことになります。自己破産は、行っていれば全ての借金が失われることとなり、返済は完了している状態となります。しかし弁護士によって、対応が変わってしまう部分もあります。

対応が遅い場合は、債権者との相談がうまくいかない可能性もあり、時間がかかってしまいます。必要以上に時間がかかってしまうと、あまりいい状態にならないのです。とにかく相談を行いやすくすること、そして短時間で進めてくれることに期待してください。長くかかってしまうと、それだけ面倒に思ってしまいます。

より早く開放されるなら多重債務は自己破産

借金から開放されたいと思っている場合には、やはり自己破産が一番です。完了すれば借金は失われることになり、既に残されているものも返済している形になります。多重債務の場合は、とにかく金銭的な負担が大きすぎて、返済を続けてもいい効果をもたらしてくれません。

どれくらい考えないといけないのか、そうした気持ちすら感じるようになり、不安がとても大きくなってしまいます。かなり早く開放されて、元通りの生活に帰りたいと思っている人もいますが、その場合は多重債務を解消するために、自己破産という選択を取ったほうがいいのです。

自己破産なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について