気軽に相談弁護士情報。

知っておくといざというときに役立つ!

弁護士は身近な存在!

遺言書作成で心配ならば弁護士、司法書士に頼ること

後に自分の財産を引き継がせる時に、遺言書を作成することは大事なことだと言えます。遺言書があることで、無用な揉めごとがなくなるかもしれないからです。しかし、遺言書作成は簡単にできることではありません。

そこで、心配ならば、弁護士、司法書士に頼ると良いかもしれません。弁護士、司法書士は遺言書を正しく作るお手伝いをしてくれるのです。遺言書はただ書けばよいのではなく、書き方によっては、全く効力がない遺言書になってしまうケースがあるからです。

弁護士、司法書士は、きちんと効力のある遺言書作成のお手伝いをしてくれるのです。

終活をおこなう為の遺言書作成

終活という言葉を知っていますか?ここ最近において、言われるようになった言葉ですが、人生のエンディングを自分らしく迎えるための活動とされています。その活動の一つには遺言書作成があり、遺言書を作成することで死後の遺産相続をスムーズにすることができるようです。

ライフスタイルが多様化している現代においては、予定外のさまざまなことが想定されますので、その対策として遺言書を作成することもめずらしくはないようです。作成にあたっては遺言書キットや専門の窓口がありますので、そのようなサポートを得られることでしょう。

遺言書作成にあたっての方式について

日常生活を過ごしているなかで、なかなか遺言書作成の話しになる事はないでしょう。ですので、遺言書の作成をし始めて知ることも、数多くあるかと思います。その内容の一つに遺言書の方式があるかと思います。

遺言書には実は方式があり、何らかの方式で記載されることが求められています。自分の自筆のみでおこなう自筆証書遺言や、公証役場で公証人の立会いのもと公証人が書面化する公正証書遺言、秘密で遺言書を作成する秘密証書遺言があります。このようにいくつかの遺言書作成がありますので、適した方法で遺言書の作成をしていくことが求められています。

法律家のサポートで確実な遺言書作成

遺言書作成をするにあたって、弁護士や司法書士などの法律家に依頼するメリットは何でしょうか。まず、不備の無い確実な遺言書作成ができるということです。作成は個人でも可能ですが、法律で決められた方式に則っていなければ無効となってしまいます。

また、遺留分を無視した分配が記述されていた場合、相続手続きに時間がかかってしまったり、相続人同士で揉める原因となる恐れがあります。法律家に立ち合ってもらうことで、財産の配分についても相談できますし、作成後は事務所で保管してもらうことも可能なので、誤って捨てられてしまうという事態も防げます。

初めておこなう遺言書作成

自分が亡くなった後の事は、誰にとっても想像しにくいことかと思います。しかしながら、誰しもが死を迎える事は間違いないことです。その際には遺産の分割の発生が起きますので、対策をおこっておいた方が残された人たちにとって良いでしょう。対策には遺言書をあげることができます。遺言書作成については、遺産の内容を法的なルールに則って記載することで求められます。慣れてしまえば難しい事はありませんが、

不備などがあれば無効になりますので注意する必要があるでしょう。さまざまな場所で遺言書作成のサポートがおこなわれていますので、必要があれば依頼をしましょう。

遺言書作成、相続手続きなら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

地下鉄谷町線・千日前線/谷町九丁目または近鉄/大阪上本町から歩いてすぐ

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

遺言書作成関連

メニュー

弁護士の基本情報

交通事故について

自己破産について

遺言書作成について

相続手続きについて

司法書士について

債務整理について

過払い請求について